FC2ブログ
08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10
釣り具【メガバス】

デュナミススーパーコンペティション使用インプレ~の巻 

3月14日にデュナミススーパーコンペティションDSCC-601UL-ASが届いた。


まず画像のように見た目細すぎて「大丈夫か~?」が第一印象。

タバコと比べてもタバコより細い・・・・・。
DCIM0276_convert_20120316132500.jpg


しかしハリがあってシャキーンと硬い感じ。

ラインを通し曲げるとス~と曲がるがシッカリしている。


比較のロッドはデジーノカスタムF2-60Xです。


F2-60Xは6フィート。(当たり前だけど^^)

601UL-ASは6.1フィート。

1インチ違うがグリップが601UL-ASの方が少し長いので
フォアグリップ上からティップまでのブランクの長さはほぼ一緒です。

それを踏まえて野池オカッパリテストしてきやした^^


重さ

F2-60Xより少し重たいがあまり気にはならない程度。
しかし1日中使ってるとF2-60Xよりは疲労が出るかもしれない。

キャスト性能

狙った所にバシバシ決まる!(俺の投げ方に合ってるのかもねw)

飛距離はF2-60Xより飛んだのには驚いた^^(フローターメインの俺にはあまり関係ないかも)
その理由としてはオールソリッドによる反発力のおかげだと思う。
(ボールを投げる時、肩と肘だけで投げても飛ばないが手首を使うと飛ぶのと似ているかな?)

シェイク

特別しやすいわけではない。。。ただストラクチャに変に食い込まないところが良いと思う。

感度

F2-60Xとの比較だけだが、ストラクチャーに関してはあまり変わらないかな^^


総評

デストロイヤー一筋できた俺にとっては
あまりにも装飾が無さ過ぎて、これでこの値段??って感じ。

でもロッドを鑑賞するわけではない!バスを釣るためだ!と割り切れば良いのかも^^割り切れるかな・・・w

ただグリップの太さがF2-60Xと比べて少し太い。(これが普通サイズなのかも^^)

これが俺にはピッタリでとてもシックリくる。

デストロイヤー全般に言えることだがF2-60Xなんかは細すぎて握りづらいことが今更だが解った。


フローターメインの俺の場合は6フィートクラスが取り回しも良くちょうどいいが
もっと長い方が~って言う人には、このロッドは??ですね。

オールソリッドの長さの限界は6.3フィートらしいので。


今回は釣れなかったのでサスペンション性能ってのが解らなかったけど

このロッドの売りになっている「バスが暴れない」が確認出来たら

もう一度アップします¥^^



楽しかった・為になった等
ちょっとでも思ったらポチっと
押してください。↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村



スポンサードリンク


category: バス釣り

Posted on 2012/03/16 Fri. 13:32  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bass-heaven.com/tb.php/112-f92ad71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)